医院紹介

医院概要

医院名 砧ゆり眼科医院
院長 中山 百合
診療内容 眼科全般、小児眼科、斜視、白内障、緑内障、ロービジョン
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧4-17-10

※難病医療費助成指定医医療機関
※生活保護法指定医療機関
※指定小児慢性特定疾病医療機関
※身体障害者福祉法第15条指定医療機関

院長紹介

ふたばのようにぐんぐん成長しながら「見る力」も伸ばしているお子さまたち。
日々の「見える」を大切になさっているおじいさま、おばあさま。
快適に「見る」ことがかけがえのない働き盛りの方々。
皆様ひとりひとりの「見える」を大切に守りながら、お役にたてるクリニックを目指しています。
皆様の「目のかかりつけ医」として安心してご相談下さい。
当院が心がけておりますのは、お子さまを含め、皆様のお気持ちに立って診療することです。
症状を的確に理解し、病状や治療方針等をわかりやすく説明致します。

平成26年度小児眼科学会賞受賞

日本眼科学会認定眼科専門医
視覚障害者用補装具適合判定医
身体障害者福祉法指定医

院長 中山 百合
略歴
横浜出身
2000年  信州大学医学部卒
2004年  横浜市立大学医学部附属病院眼科勤務
2006年  神奈川県立こども医療センター眼科勤務
2007年  国立成育医療研究センター眼科勤務
2014年  砧ゆり眼科医院開院
学校医
都立久我山青光学園
(視覚障害教育部門および知的障害教育部門)
世田谷区立祖師谷小学校
取得資格
2000年 医師免許取得
2009年 眼科専門医資格取得
2009年 視覚補装具選定医資格取得
2014年 身体障害者福祉法第15条指定医取得
受賞歴
2014年 小児眼科学会賞受賞

原著論文

眼内レンズの一次挿入を行った穿孔性眼外傷の3例 臨床眼科 61巻1号 2007年
眼内悪性リンパ腫の2例 臨床眼科 61巻2号2007年
甲状腺機能亢進症の再燃とともに発症したLeber遺伝性視神経症の1例 日本眼科学会雑誌 111巻11号2007年
Ocular manifestations and prognosis of shaken baby syndrome in two Japanese children’s hospitals. Japanese Journal of Ophthalmology, Jul:53(4):384-8, 2009
Fluorescein staining of the vitreous during vitrectomy for retinopathy of prematurity. Retina, Sep;31(8);1717-9, 2011
Electroretinography combined with spectral domain optical coherence tomography to detect retinal damage in shaken baby syndrome. Journal of American Academy of Pediatric Ophthalmology and Strabismus, Aug 17(4):411-3, 2013
Successful scleral buckling of late-onset visual decrease in eye with retinal folds. Documenta Ophthalmologica DOI 10.1007/s10633-016-9559-5

出版物

1)
2008年こども医療センター医学誌37巻1号【学童と初めての眼鏡 近視と屈折矯正】
2)
2010年診断と治療社 チャイルドヘルス13巻5号
【障害を持つ子どもたちが通う病院と施設・視覚障害編】
3)
2010年東京医学社 小児内科42巻11号【見逃すな!子ども虐待 子ども虐待と眼底所見】
4)
2010年総合医学社 小児科学レクチャー2巻3号【小児のアレルギーアレルギー性結膜炎】
5)
2011年東京医学社 周産期医学41巻10号【How to follow up Q&A未熟児網膜症】
6)
2011年メジカルビュー社 新ナースのための眼科学【屈折検査・視力検査】
7)
2011年イーエヌメディックス社 ムコ多糖症update [ムコ多糖症と眼所見]
8)
2012年中山書店 眼科診療クオリファイ「子どもの目の疾患と治療」号
【ぶどう膜炎】【被虐待児症候群とその対応】
9)
2013年総合医学社 小児科学レクチャー「乳幼児健診・学校検診」号【見え方のチェックと眼科疾患】
10)
2014年中山書店 眼科診療クオリファイ「ロービジョン」号 【小児のロービジョン】
11)
2015年エルゼビアジャパン 「小児虐待とネグレクト」【虐待性眼外傷】翻訳
12)
2015年エルゼビアジャパン ネルソン小児科学第19版【斜視】翻訳
13)
2014年日本眼科学会雑誌85巻7号 「日本の眼科」【小児虐待とその対応】
14)
2015年医学書院 「臨床眼科」【小児虐待性眼外傷】
15)
2015年三輪書店「小児眼科学」【第20章 小児虐待】
16)
2015年全日本病院出版会「Monthly Book Oculusta」【小児虐待と心身症】
17)
2015年医学書院 「今日の眼疾患と治療指針 第3版」
18)
2015年日本医師会雑誌12月号「視覚障害の早期発見と治療」【子ども虐待】
19)
2016年東京医学社 小児内科48巻増刊号「小児疾患診療のための病態生理3」 【屈折異常】

院内写真

外観
受付
待合室
診察室
検査室
キッズスペース
ヒーリング・アートHealing Art当院では女子美術大学(山野雅之教授)監修、(株)フォーアーツデザイン社制作によるヒーリング・アートを用いた内装を行っております。丸窓からステンドグラスに光が溢れ、信州の季節の植物が揺れる草原から青空を見上げる天井画の待合室です。受付には、信州のアルプスの山並みと澄んだ川が流れ、リンゴ畑も見えます。病院にくるという圧迫感とつらい気持ちが少しでも軽くなるように心を配りました。緊張なさらずに、お気軽にいらして下さい。

▲PAGE TOP