目の病気について

白内障

白内障とは、カメラでいえばレンズにあたる水晶体 (すいしょうたい)が白く濁って、見えにくくなる病気です。

<白内障は、先天的なもの>
・外傷
・アトピーや薬、放射線など

年を取ること(加齢)によって生じるものが最も多く、老化現象の一つといえます。
白内障は、症状や進行には個人差があり、 早い人で40歳代から、80歳代以上では大部分のひとで白内障が生じています。

・「目がかすむ」といった見えづらさ
・外出時、太陽が異常にまぶしく感じる

夜間に対向車のライトが異常にまぶしく感じ、車を運転がしづらいなど、日常生活の支障があります。

ごく初期のころには、点眼薬で進行を遅らせる治療をする場合もあります。
しかし、一旦生じた濁りは進行することはあっても、もとに戻ることはありません。白内障が進行した場合は、白く濁った水晶体を取り除き、眼内レンズに置き換える手術を行います。手術が必要であれば、適切な施設へご紹介し、術後の経過観察を当院で行います。

▲PAGE TOP

緑内障

緑内障は、日本人の40歳以上の20人に1人がかかるといわれ、失明原因の上位にあがる目の病気です。

緑内障では、何らかの原因で視神経がいたみ(障害をうけ)、見える範囲(視野)が徐々に欠けて行きます。眼の内部の圧力である眼圧が高いことが原因のひとつです。

多くの緑内障は自覚症状に乏しく、失明にもつながる視野の欠けは、普通は何年にもわたり非常にゆっくりとしたペースで進んでいきます。このため、最初のうちは気づきにくく、気がついた時には症状がかなり進んでしまっているということも珍しくありません。

現時点では、残念ながら、緑内障によって欠けてしまった視野をもとに戻す治療法はありません。とにかく早く見つけることが大切です。緑内障の治療の目的は、「これ以上視野を失わないように管理すること」です。現時点で最も確実な方法は、たとえ正常眼圧緑内障であっても、眼圧を下げることだといわれています。早期から適切な治療を行うことにより、一生涯生活に支障のない視野を保つことも可能になってきています。

当院では2種類の視野検査や3次元眼底撮影装置OCTを用いて緑内障の早期発見に力を入れています。電子カルテで検査データを管理しているので、長期的に安定した治療効果の判定と評価を行うことができます。

▲PAGE TOP

ドライアイ

涙の減少などによって、結膜や角膜などの目の表面が「肌荒れ」のような状態になり、様々な症状が現れる状態を「ドライアイ」といいます。

涙の分泌量が減るタイプ(涙液減少型)のものと、涙の蒸発が進みすぎるタイプ(蒸発亢進型)のものがあります。

長時間のパソコン作業、エアコンによる乾燥、コンタクトレンズの長時間装着、ストレスの増加などにより、最近、蒸発亢進型のものが増加傾向にあります。 現代人は涙が減少してきているとの報告もありますが、ドライアイの原因は不明で、複合的と考えられています。現代社会ではパソコン、携帯電話、TVゲームなど、モニターを見続ける生活が日常的となり、それによってまばたきの回数も減り、目が乾きがちになります。また冷暖房や夜型のライフスタイルやストレスの増加もドライアイの発症に関係しているといわれています。
治療としては、目の潤いを保つために人工涙液やヒアルロン酸を含む角結膜上皮障害治療剤を点眼します。 長時間のパソコンワークでは意図的にまばたきを増やしたり、休憩をとるなどしましょう。

▲PAGE TOP

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、アレルギー反応により、目の充血やかゆみが起こる病気です。日本人のおよそ15~20%がかかっていると推定されており、近年その患者数はますます増えていると考えられています。

<アレルギー性結膜炎>
・花粉症として知られている「季節性アレルギー性結膜炎」
・ダニやハウスダストなど1年を通して存在するものが原因となる「通年性アレルギー性結膜炎」
・春から秋にかけて症状が悪化し、冬には良くなるということを繰り返す「春季カタル」など

共通する自覚症状として、「目がかゆい」、「ゴロゴロする」、「目やにが多い」などです。
治療は、薬物療法が中心となります。

通常、はじめに抗アレルギー点眼薬を使用し、それでもよくならない場合はステロイド点眼薬を用います。春季カタルに対しても基本的には同じ治療を行いますが、よくならない場合は免疫抑制薬(めんえきよくせいやく)の点眼を用いる場合があります。
なお、季節性アレルギー性結膜炎である花粉症については、花粉が飛び始める2-4週間前くらいから抗アレルギー点眼薬の投与をはじめると、より効果的であるという報告もあります。
アレルギー症状がひどい時には、コンタクトレンズの使用は控えましょう。

▲PAGE TOP

加齢黄斑変性症

ものを見るための視機能で最も重要な、網膜 の中心部である黄斑部(おうはんぶ)が障害されるのが加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性は50歳以上の男性に多く発症することがわかっています。日本では高齢化を背景に、患者数は増加傾向にあり、中途失明原因の上位を占めています。
喫煙歴肥満があると、発症率は高くなる傾向にあるため、加齢黄斑変性は「目の生活習慣病」とも呼ばれています。また遺伝的要因や、太陽光、食生活などの生活習慣や環境もその発症に関係しています。

加齢黄斑変性により黄斑部が障害を受けると、中心がぼやけたり歪んで見えたり暗くて見えにくくなります。また視力の低下も認められます。
加齢黄斑変性には、進行が早い滲出型(しんしゅつがた)と進行が遅い萎縮型(いしゅくがた)があります。
滲出型の加齢黄斑変性では、網膜に老廃物が増え、これを処理するために新しい血管である新生血管が増えます。しかしこの血管はもろく破れやすいため、出血を起こし、網膜にある視細胞がいたんで(障害をうけて)しまうのです。

▲PAGE TOP